世界で生産されるマグロのおよそ4分の1を日本人が消費しています

1975年に年間約90万トンだった世界のマグロ生産量は、2005年には約221万トンと大幅に増えています。刺身や寿司を食べる日本人にとってマグロは世代を問わずに人気のある魚で、世界の生産量のおよそ4分の1を日本が消費しています。

スペインは有名な産地

このように大量のマグロが日本に輸入されるようになったのは、戦後の経済発展で生活水準が向上したことと、マグロをとり、解凍する技術が進歩したことがあります。

最近のマグロ漁では、高性能の魚群探知機などが使用され、まぐろの位置を正確に知ることができます。とったマグロは船上で冷凍され、鮮度を保ったまま港に水揚げされ、日本まで空輸されます。外国のまぐろ漁船が直接日本の漁港へやってきて水揚げする場合もあります。2006年には台湾や韓国、中国をはじめ、世界の57カ国からマグロが輸入されました。

かつて、マグロのほとんどが漁でとられる天然物でした。しかし、1990年代に入ると、生け捕りした若い魚にエサを与えて太らせてから出荷する「畜養」が行われるようになりました。天然のまぐろではとれる時期や海域が限られますが、畜養は同じ数だけ取ったとしても、成長させてから出荷するので、結果的に多くの量を確保できます。

現在、オーストラリアやヨーロッパの地中海沿岸の国々(スペインなど)では、畜養によって主に日本向けのミナミマグロやクロマグロが盛んに養殖されています。しかし、捕獲時に生簀で育てるときに死ぬ魚がいたり、結果的に若い魚の乱獲に繋がったりするなど、様々な問題が指摘されています。

畜養が、刺身を好む日本にまぐろを輸出して、多くの収入を得ることができるため、瞬く間に世界中に広がりました。そのため、若い魚のとりすぎによって、クロマグロやミナミマグロは急速に数が減っています。現在は「大西洋まぐろ類保存国際条約」や「みなみまぐろ保存条約」などの国際的な条約によってとることができる量が規制されています。

しかし、大西洋まぐろの規制はまだ不十分であり、資源の悪化が心配されています。また、外国の漁船の中には、船の登録先を機関に加盟していない国に変更したりして、密かに漁を行うものも少なくありません。また、養殖場を別の国に移して、規制から逃れようとするケースもあります。

クロマグロやミナミマグロを1kg太らせるためには、10~25kgのエサが必要であるといわれており、そのため、畜養が広まったことにより、エサとなるいわしなどの乱獲も問題になっています。